家庭内別居から始まった禁断の恋の末に結婚

夫が仕事先で怪我をし長期入院を余儀無くされた日、私はコッソリ出会い系アプリに登録した。
結婚して2年の間に夫婦関係は壊れ、いわゆる家庭内別居状態だったのだ。
家庭内別居状態とはいえ、夫が帰ってくる家ではアプリに登録するのも気がひけ罪悪感から気持ちにブレーキがかけられていたのだ。

 

彼氏が欲しい女子が使っている彼氏を作るアプリまとめ【暴露】proki.jp

 

でも、完全にブレーキが外れてしまった。
結婚して2年、夫婦生活はおろか、女性として扱われることもなく、ただの同居人の私は、まだ20代。
既婚者になったとはいえ、自分が異性から女性として扱われたかったのだ。
最初は、こんなことになろうとは想像すらしていなかった。
安易な気持ちで登録した翌日、期待半分不安半分でアプリのメールボックスを開くとたくさんのレターが届いていた。
正直、サクラも含まれていたと思う。
そのなかのタイプの違う3人とメール交換をはじめた。
夫と同じ5歳上の人、私と同じ27歳の人、2歳年下の人。
3人とも最初は良い顔をみせてきた。
私も良いとこを見せよう。
ダメなところは隠そうとしていたから、相手ばかりは責められないけれど(笑)。
同じ27歳の人はすぐに会おうとし、怖くなって連絡を絶った。
その後、年下の彼とは会ったその日に身体を求められ逃げた。
それから1か月経ち年上の彼が2週間後、海外に赴任するというのでその前に会うことになった。
性格は温厚で包容力に溢れる彼とはお茶をして、街中をぶらついて、その日は別れた。
たったそれだけの1日が楽しくて楽しくて仕方なかった。

彼が日本を経つ日、私は夫の退院をすっぽかし空港に見送りに来ていた。
彼も驚いていたが、3年の海外赴任を終えた彼は私の夫だ。
埼玉県、女性、30代、主婦